Windows XPの再インストール手順

更新日:2008年5月23日

再インストール手順

「Windows XP 再インストール手順」について

この「Windows XP 再インストール手順」には「Windows®XP Home Edition」・「Windows®XP Professional」・「Windows®XP Media Center Edition」の3種類のOSについての再インストール方法が記載されています。「OSなし」モデルをご購入の場合、PCの製品仕様やドライバにより、対応していない場合もあります。予めご了承ください。

まずはモデルの型番をチェックしてみよう!

FRONTIER製品はモデル型番の種類によってOSの再インストール方法が異なってきます。ここでは、「KZ」からはじまる型番モデル(フルカスタマイズBTOモデル)にOSを再インストールする方法をご紹介いたします。お手持ちのFRONTIER製品のモデル型番をお見積書やシリアル番号(※1)でチェックしてみましょう!

(※1)シリアルシールは、パソコン本体の左側面や背面に貼られております。

仕様検索サービスはこちら

※本マニュアルは、Windows95、Windows Me、Windows98、Windows2000 などのOSには対応しておりません。

OSの再インストールで気をつけることは? 注意点を確認しよう!

  • 各種設定などは全て工場出荷の状態に戻りますので、再セットアップをする前に、大切なデータは必ずバックアップをとってください。(各種メモリーカード、フロッピーディスク、DVD-RAM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、CD-R、CD-RWの各メディア)
    また、後からインストールされたデバイスドライバや、アプリケーション類はこの作業では復元できません。再セットアップ後にもう一度ご自分で設定しなおしてください。
  • マザーボードのBIOSのアップデートは行わないでください。
    本作業ができなくなりますのでご注意ください。
  • 周辺機器など [内蔵型マルチカードリーダ搭載機を含む(※1)] が接続されたままでPCのOS再インストールを行うと、システムドライブが通常割り当てられるCドライブにならないことがあります。
    (※1)内蔵型マルチカードリーダはUSBポートを使用しているため、上記問題が発生する場合があります。

    USB周辺機器をパソコンに接続している状態でのBIOS設定方法

OSプリインストールモデルをお買い上げのお客様へ

この「Windows XP 再インストール手順」の内容は、パソコンをご使用中に、OSの動作が不安定になった等の理由で行う再インストール方法について記載しております。再インストール時以外には、本作業を行う必要はございませんので、ご注意ください。

OS無しモデルをお買い上げのお客様へ

OS無しモデルには、OSのプリインストールがされておりません。OSはお客様にてご用意いただくことになります。この「Windows XP 再インストールガイド」には、WindowsXPのインストール方法 が記載されておりますのでご参照下さい。

◇2007年8月末までに出荷したモデル
弊社製品はMicrosoft Windows XP シリーズでのみ動作確認を行っております。
尚、各種デバイスドライバは、付属のドライバCD-ROMからセットアップを行って下さい。

◇2010年2月以降に出荷したモデル
弊社製品はMicrosoft Windows7シリーズでのみ動作確認を行っております。

尚、各種デバイスドライバは、弊社ダウンロードページよりダウンロードして下さい。
製品にはCD-ROMなどのメディアは付属しておりませんのでご注意下さい。

プロダクトキーについて

 
  • 「プロダクトキー」は、ご購入頂いたコンピュータ固有のものであり、再発行はできません。万一、この「プロダクトキー」が破損や汚れで判読できなくなった場合、Windowsの再インストールが不可能となります。このような場合、弊社にお問い合わせ頂いてもお応えすることができません。
  • Microsoft社との契約により、OEM版Windowsの単独販売は禁止されております。そのため、「プロダクトキー」を紛失されたり判読不可能となりましても、弊社ではOEM版Windowsの単独販売は行いません。

ライセンス認証についての重要なお知らせ

Windows XPにはコピー防止のための機能が備えられています。これにより、初回起動日より30日以内にプロダクトアクティベーション(ライセンス認証)を行わなかった場合、OSの起動ができなくなります。このライセンス認証の方法とマイクロソフトのプライバシーポリシーの詳細については、最初の起動時、もしくはお客様がソフトウェア製品の再インストール・またはコンピュータの再コンフィグレーションを行う際に表示されます。ライセンス認証はインターネットもしくは電話(フリーダイヤル)により行っていただけます。

ライセンス認証を行うには

BIOS設定方法(必ずお読みください)

この作業は、USB周辺機器をパソコンに接続している状態(内蔵マルチカードリーダ標準搭載モデルを含む)でOSを再インストールする際に必要となります。USB周辺機器が接続されていない場合、または通常使用時には必要ございません。

USB周辺機器ご使用の場合の手順(キーボードはPS2)

1. PCの電源を投入し、すぐに「Delete」キーを数回押してください。BIOS設定画面に入ります。(OSが起動してしまった場合は、再起動してもう一度「Delete]キーを押してください。


2.BIOS画面をご確認ください。お客様のPC構成により、画面が異なります。下図のAタイプ、Bタイプのうち、お客様の画面と同じ方の手順をご覧下さい。(機種によっては、若干のメニュー配置は異なります。)


3.「F10」キーを押し、「Yes」を選択し、「Enter」キーを押してください。BIOS画面を抜けて、OSの起動が始まります。


4.再インストール作業終了後、BIOSの上記設定箇所を「Enabled」に戻してください。「Disabled」のままでは、USB機器が動作しませんのでご注意ください。


USBキーボードをご使用の場合の手順

1. BIOS設定のUSB設定が「Enabled」になっていることを確認してください。


1. PCの電源を投入し、すぐに「Delete」キーを数回押してください。BIOS設定画面に入ります。(OSが起動してしまった場合は、再起動してもう一度「Delete]キーを押してください。


2.BIOS画面をご確認ください。お客様のPC構成により、画面が異なります。下図のAタイプ、Bタイプのうち、お客様の画面と同じ方の手順をご覧下さい。(機種によっては、若干のメニュー配置は異なります。)



3.「F10」キーを押し、「Yes」を選択し、「Enter」キーを押してください。BIOS画面を抜けて、OSの起動が始まります。


>>BIOS設定方法へ戻る